So-net無料ブログ作成
検索選択

2級管工事施工管理技士解答速報(H23年度)

本日、試験実施団体より平成23年度2級管工事施工管理技士の試験問題及び学科解答

が公表されました。

なお、実地試験に対しては公表されませんので、関西建設学院の独自の解答試案を下記

の通りお知らせします。なお、解答試案は実際の解答と異なる場合、及び他の解答がある

場合もありますので、あくまでも参考程度としてご了承下さい。

【No.1】

<設問1>

ループ通気管は2個以上の器具トラップを保護する為、最上流の器具排水管の接続箇所

のすぐ下流から立ち上げる。

通気立て管はすべてのループ通気と接続し、大気に開放する。

※過年度の問題参照

<設問2>

(2)× 地震時に配管が振動とともに大きく揺れ損傷する。躯体本体の一部に固定金物等

  で支持する。

(3)× インバートの肩に汚物が詰まりやすくなる。モルタルとの間を緩やかにする。

<設問3>

第3種換気方式

<設問4>

ステンレス鋼管

【No.2】

1.使用材料は使用前に打ち面を清掃・乾燥させる。清掃後は密閉する。

2.継手は保守点検が容易なところに設ける。

3.冷媒配管の最低温度は、通常運転範囲は0~5℃であるが、除霜運転時に-10℃

  程度になる事がある為、保温材料による結露防止対策に注意する。

4.屋内機と屋外機間の冷媒配管が長くなり過ぎない様に注意する。

5.気密試験により冷媒配管系統の漏れの有無を確認する。

6.配管を延長する必要がある場合は冷媒追加充填を行う。

 などの内容を4つ記述

【No.3】

1.配管の中心線を測量し遣り方を設け、水平貫材を基準として根切りを行う。

2.根切り幅は必要以上に大きくしない。

3.床付け面を見ださないようにする。

4.上水配管は汚染された地盤内に埋設してはならない。

5.給水管と排水管が平行して埋設される場合は、原則として水平実間隔は500mm

  以上とし、給水管を上に埋設する。

6.地中埋設深さは一般敷地で300mm以上、車両道路で600mm以上とし、凍結深

  度以上とする。

7.配管の勾配は1/100程度とする。

8.雨水ますには泥だめ、汚水ますにはインバートを設ける。

  などの内容を4つ記述

【No.4】

<設問1>

作業B:4日~6日

作業C:4日~8日

作業D:12日~15日

作業E:16日~21日

作業F:19日~22日

作業G:19日~24日

作業H:22日~26日

作業Ⅰ:27日~28日

<設問2>

6日12%、8日16%、15日24%、18日36%、21日69%、22日79%、

24日91%、26日97%、28日100%の地点を線で結んでグラフを作成して下さい。

<設問3>

Sチャート

<設問4>

予定累計曲線により、工程に対する出来高(目標値)を設定して、実際の出来高との

比較を行う事で工程の進捗を図る。

<設問5>

日程の把握は明確に出来るが、全体の進捗及び全体工期に影響を及ぼす作業の把

握が出来ない。

【No.5】

A:40

B:15

C:作業主任者

D:30

E:特別の教育

【No.6】

経験記述:省略





関西建設学院のホームページは↓↓↓
http://www.uh-y.bb4u.ne.jp/~laisen/


共通テーマ:資格・学び

2級建築施工管理技士解答速報(H23年度)

一昨日行われました2級建築施工管理技士試験の問題及び学科正答枝が公表されました。

実地試験に対しては公表されていませんので、関西建設学院独自の解答試案を掲示致し

ます。なお、記述問題は解答が複数の解答が予想される事、また実際の解答とは異なる

場合もある事をご了承願います。あくまでも参考程度にお考え下さい。

問題1

工事概要:省略

1.型枠工事 (例)

  合板型枠をラス型枠に変更した。

  型枠の撤去が不要となり、大幅な時間短縮が出来る為

 ※鉄筋工事なら工場加工に・土工事なら地盤アンカー工法に・左官工事ならセルフ

  レべリング材塗りに・防水工事ならシート防水にとか様々な記述が可能かと思われ

  ます。

2.躯体工事 (例)

  集合住宅のベランダなど、同一のものについてはプレキャスト化する。

  工場加工により、現場での時間短縮が可能となる。

  大幅な合理化が図れ、仕上がり精度も良くなる。

  コンクリート工事

  普通セメントから早強セメントに変更した。

  養生期間が短縮出来る為。

  早く強度が得られる事で作業性が向上する。

  水和熱による温度ひび割れが起きやすくなる点に注意を要す。

 ※鉄筋工事では機械式継ぎ手に・内装工事では軽量鉄骨下地にといった内容で

  記述が可能ですし、他工事でも解答多数。


問題2

親綱:高所作業を行う場合、仮設的に張り渡した命綱をかけるワイヤー。

    緩みなく張り、墜落衝撃にも耐えられる材質が必要。

切梁のプレロード工法:山留め支保工において切梁にジャッキなどで山留め壁背

   面側側に前もって力を導入し、沈下・変形を抑える工法。

   プレロードの導入は段階的に行い、上下に交差する時は下段から行う。

グリッパー工法:床の周囲に釘、又は接着剤で固定したグリッパーにカーペット

   端部を掛け、緩みなく張りつめる工法。

   張り仕舞いはニーキッカーで伸展し端部をステアツールを用いて溝に巻き込

   む。

軽量鉄骨壁下地の振れ止め

   軽量鉄骨壁下地のスタッドの振れの防止、及び水平補強の為の横架材のこと。

   床より1.2m位置に取付、フランジ側を上向きにスタッドに引き通しスペーサー

   で固定する。

コンクリートの締固め

   コンクリート打設後、振動機などにより型枠の隅々に行きわたるように行う作業。

   棒形振動機は鉛直方向に60cm間隔で約10秒程度行い、振動機の引き抜き

   は後が残らないようにゆっくりと行う。

セルフレべリング工法

   材料のもつ流動性を利用して重力により自然流動させ、床板に平滑な床面を形

   成する工法。

  流し込み作業中は通風をなくし、その後の養生もなるべく風を通さないようにする。

耐震スリット

  鉄筋コンクリート造の腰壁や垂れ壁のある建物で柱が短柱になるのを防ぐために

  柱際で縁を切る為に設ける隙間。

  防火区域には耐火性の材料を使用する。打設時のズレ・破損に注意する。

鉄骨柱のベースモルタル

  鉄骨の柱脚部に詰めるモルタル。柱底ならしともいう。

  充填が不十分であると構造上大きな問題となる。ベースプレートが大きい場合は

  無収縮モルタルを使用する。

腹筋

  梁主筋の重量・打設時の振動・圧力などによるあばら筋の変形・ズレ防止の為に

  上下の主筋間に入れる鉄筋。

  あばら筋の乱れ防止、ひび割れの分散効果が目的なので梁せい600mm以上で

  300mm程度に1対設ける。

ビニル床シートの熱溶接工法

  ビニル床シートのジョイント部を熱溶接機により熱溶接する事。

  接着剤が完全に効果してから溝掘りを行い、完了後に冷却してから余盛りを切り取

  る。

フラットデッキプレート

  鉄骨造の床型枠に使用される存置型型枠。

  梁の上面などは、よく清掃しておき水分油分を完全除去する。

ベンチマーク

  建築物の高低、位置の基準とするもの。

  既存の工作物や新設した杭等、移動しないものに設ける。

ボンドブレーカー

  目地底の浅いジョイントに不定形シーリング材を充填する場合に3面接着防止の

  為に使用されるテープ状のもの。

  シーリング材が接着しない材料で、浮きが生じないよう目地底を確実に貼りつける。

ルーフドレイン

  屋上に降った雨が集まって雨樋に入るところに設ける、ちり越しを兼ねた金物。

  屋上施工時、コンクリート打設前に水はけが良いように一段低く設置する。

問題3.

1.37日

2.1日

3.A-B-E-J-L

問題4.

1.ヒービング

2.直角

3.〇

4.全数

5.300

6.前

7.各山

8.〇

問題5.

1.③1か月

2.③抜取り

3.③教育








[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]



関西建設学院のホームページは↓↓↓
http://www.uh-y.bb4u.ne.jp/~laisen/


nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び
メッセージを送る