So-net無料ブログ作成

1級土木施工管理技士実地試験解答速報(H24年度)

本日、13時に試験実施機関より平成24年度1級土木施工管理技士実地試験問題が公表されましたので、関西建設学院としての解答速報をお知らせ致します。なお、解答試案は関西建設学院独自の解答で、実際とは異なる可能性及び修正される場合があります。また記述問題の解答では解答試案以外の正解解答もありますので、ご了承下さい。

問題1.

経験記述問題 省略

問題2.

設問1

(イ)安定

(ロ)ボイリング

(ハ)ヒービング

(ニ)盤ぶくれ

(ホ)目視

設問2

・亀裂、割れ目、節理などが多くないか。

・雨水、湧水、浸透水などの状況。

・小石などがパラパラと斜面から落ちてこないか。

・泥岩、渦紋岩等、風化の進み具合。



問題3.

設問1

(イ)レイタンス

(ロ)締固め

(ハ)骨材

(ニ)粗

(ホ)吸水

設問2

AE剤:

微細な気泡を分布させて、ワーカビリティーの向上、凍結・融解に対する抵抗性を改善する。

減水剤:

単位水量及び単位セメントを低減させ、有害なひび割れ等を防止する。


問題4.

設問1

(イ)現場

(ロ)初期

(ハ)締固め機械

(ニ)最適含水比

(ホ)敷き均し

設問2

沈みひび割れ

原因:ブリーディングなどによるコンクリートの沈下

対策:単位水量を少なくする。減水剤・混和剤を活用する。練り混ぜを十分に行う。

乾燥収縮ひびわれ

原因:養生不良

対策:十分な期間、湿潤養生を行う。直射日光を避ける。

水和熱によるひび割れ

原因:セメントの水和熱による過大な発熱

対策:低発熱セメントを使用する。急激な温度低下を避ける。

アルカリシリカ反応によるひび割れ

原因:骨材中のシリカ分とセメントのアルカリ分

対策:高炉セメント、フライアッシュセメント(B種・C種)を使用する。


問題5

設問1

・河川上流の監視方法、情報伝達情報、避難路、避難場所を定めておく。

・警戒、避難の為の基準を定めておく。

・土石流の前兆現象を把握した場合の対応について検討しておく。

設問2

・2m以上の箇所で作業を行う時は幅40cm以上の作業床を設ける

・作業床を設ける事が困難な場合、作業員に安全帯を使用させる。

・作業床の開口部などには丈夫なてすり(高さ85cm以上)、囲い、覆い等を設ける。

・安全に作業が行えるような照度を保持する。

・上下運動は行わない。

・防護棚、安全ネットなどを設置する。

・作業床の上には、材料等を置かない。

問題6

設問1

(イ)品質

(ロ)事前調査

(ハ)公衆(労働)

(ニ)騒音

(ホ)地盤沈下

設問2

・廃棄物を現場内で保管する場合は、飛散、流出することの無いよう、必要に応じて

シートで覆い、散水・囲い等を行う。

・分別した廃棄物については、他の廃棄物が混合しないように仕切り等を設け、保管

物の種類や責任者を表示する。

・建設汚泥については、液状・流動性を呈するものは、貯蔵槽等で保管する。

・脱水した汚泥は雨水等の浸水防止の為、シート等で覆う。

・木くず等の可燃物は、消火設備等により、火災防止に注意する。

.

.

.
関西建設学院のホームページは↓↓↓
http://www.uh-y.bb4u.ne.jp/~laisen/


共通テーマ:資格・学び
メッセージを送る